とよたイノベーションセンター

ものづくりのまち豊田市にある最も身近な支援機関

TEL.0565-47-1240


〒471-0023 愛知県豊田市挙母町2-1-1 ものづくり創造拠点 2階

公募開始!『ものづくり補助金』6次締切

令和元年度補正
「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の6次締切の公募が開始されました。

応募締切日 :5月13日(木) 17時(電子申請)
採択発表  :6月末(予定)

本年度は、『低感染リスク型ビジネス枠』(令和2年度第3次補正予算)として予算2,300億円が上乗せされ、可能性が広がった補助金となっております。

【一般型】
補助金額:100~1,000万円
補助率:中小企業 1/2
    小規模企業者・小規模事業者 2/3    
    低感染リスク型ビジネス枠 2/3

【グローバル展開型】
補助金額:1,000~3,000万円
補助率:中小企業 1/2    
    小規模企業者・小規模事業者 2/3

★新特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)

・物理的な対人接触を減じることに資する革新的な製品・サービスの開発
(例:AI・IoT等の技術を活用した遠隔操作や自動制御等の機能を有する製品開発(部品開発を含む)、オンラインビジネスへの転換等)

・物理的な対人接触を減じる製品・システムを導入した生産プロセス・サービス提供方法の改善
(例:ロボットシステムの導入によるプロセス改善、複数の店舗や施設に遠隔でサービスを提供するオペレーションセンターの構築等)

・ウィズコロナ、ポストコロナに対応したビジネスモデルへの抜本的な転換に係る設備・システム投資
(キャッシュレス端末や自動精算機、空調設備、検温機器など、ビジネスモデルの転換に対して大きな寄与が見込まれない機器の購入は、原則として、補助対象経費になりません)

つきましては、下記のテーマ、日程で「ものづくり補助金セミナー」を オンライン(zoom利用)で  開催します。

『ものづくり補助金』の概要をわかりやすく説明し、採択される申請書の書き方など、重要なポイントを解説します。
ご参加をお待ちしております。

◆テーマ 「採択されるものづくり補助金の事業計画・申請書のポイント」

日時   令和3年4月13日(火) 13:30~15:00(接続開始時間:13:00)
詳細、申込書は下記URLをご覧下さい。

とよたイノベーションセンターでは、当該補助金の申請書作成支援も行っていますのでお気軽にご相談ください

お申込みはこちらから

衝撃!! 愛知の有効求人倍率

先日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

愛知労働局が発表した7月の愛知県の有効求人倍率は、前月を0.07ポイント下回り1.07倍で、昨年4月の1.99倍をピークに15ヵ月連続で低下しているそうです

そして、もっとも衝撃的だったのが、1963年1月の統計開始以来初めて、愛知県の有効求人倍率が全国の有効求人倍率を下回ったそうです。

米中貿易摩擦による景気減速と新型コロナの感染拡大で、主力の製造業で採用を抑える動きが広がったため、この間の低下幅が全国より大きくなったとみられます。

一方で、7月の新規求人倍率は前月より0.05ポイント高い1.76倍で、4ヵ月ぶりに上昇し、改善の兆しもあると言われていますが、製造業の新規求人は前年同月日50.0%減とまだまだ落ち込んでおります。

有効求人倍率は、景気にほぼ連動すると言われており、景気回復にもより一層注意する必要があります。

当センターのある豊田市は製造業が多く集積する街です。

当センターでは、技術のわかるコーディネーターが地域のものづくり企業をサポートしています。

・受注減少、売上低下を何とかしたい
・技術的な問題で困っている・補助金を活用したい
・補助金を活用したい

等のお悩みがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

【ものづくり補助金 締め切り迫る】

令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の3次締切まで3週間を切りました。

【締切日】 :8月3日 17時(電子申請)
【採択発表】:9月末頃

3次締切も、2次締切から引き続き新型コロナウイルス対応の「特別枠」が設定されています。

[コロナ特別枠]
 補助率:類型A(サプライチェーンの毀損)       2/3
     類型B(非対面型ビジネスモデルへの転換) 3/4 
     類型C(テレワーク環境の整備)      3/4 
また、感染症防止対策として最大50万円(事業再開枠)の上乗せも可能

新型コロナウイルスの影響により、売上が減少し、設備投資どころではないとは思いますが、
ピンチをチャンスに変えていきましょう!

当センターでは、ものづくり補助金の申請支援を行っております。
締切日が差し迫っていますので、設備投資をご検討されている事業者様は、今すぐご相談ください。