とよたイノベーションセンター

ものづくりのまち豊田市にある最も身近な支援機関

TEL.0565-47-1240


〒471-0023 愛知県豊田市挙母町2-1-1 ものづくり創造拠点 2階

【マッチング商談会】安城ものづくりコンベンション2014(市外企業も参加できます)

【マッチング商談会】安城ものづくりコンベンション2014(市外企業も参加できます)

 

こんにちは、コーディネーターの村上英樹です。

 

今日は、豊田市内の企業様も参加できるマッチング商談会のご案内です。

 

12/11(木)と12(金)に開催される、安城商工会議所・主催の「安城ものづくりコンベンション2014」(以下、「ものコン」)の中で開催される「事前予約型マッチング商談会」です。

http://anjo-cci.or.jp/monocon/

 

安城商工会議所の主催ですが、確認したところ安城市外の企業様も参加できるそうです。

(ただし、定員に達した場合に、安城市内企業が優先されます)

 

ホームページからも申し込みできますし、PDFファイルをダウンロードしFAXからも申し込みできます。

http://anjo-cci.or.jp/monocon/topics/19/

 

こちらのホームページに書かれておりますが、

「当日は自社の事業内容や技術力の分かるパンフレット、製品等をお持ちください」と、あります。

 

当日はどうかわかりませんが、通常の地域商談会では、他の同業他社も大勢来られますので、もしできれば可能な限り、他社とは、少しでもいいので「違い」を意識できるといいですよね。

 

例えば、

・プレスメーカーでしたら「こんな厚板プレスはウチくらいじゃないかなぁ」とか、

・機械加工メーカーでしたら「こんなビビリそうなアルミの薄板の削り、やってるとこ少ないんじゃないかなぁ」とか、

・射出成形メーカーでしたら「このエラストマー材のインサート成形はどこがやっても苦労すると思う」

など、少しでも同業者とは違うなぁ、というところをPRできるとよいのではと思います。

 

それと、今回のものコンではどうかわかりませんが、商談会ではよく、受注企業側から

自己紹介する流れが多いので、当日は自己紹介文を考えておくとだと思います。

 

もしご不明な点がありましたら、安城商工会議所または、

お気軽にとよたイノベーションセンターまでご連絡くださいませ。

 

とよたイノベーションセンター

コーディネーター・村上英樹

 

【コーディネーターのあとがき】

私もイノベーションセンター以外のお仕事で、商談会に同行することがあります。

その中で常々思うことは、「相手企業が何に一番困っているか」をお聞ききすることだと思っています。

 

例えば、発注企業様は今何社のサプライヤーと取引されていて、特に

何の加工先が少ないのか、困っているか、などです。

これについては、自社にある技術、無い技術、関係なくお聞ききすることが重要だと思っております。

 

それと、自社PRについては、大きなものでなければ、自社で作っている製品を

そのままご持参いただいております。

 

精密な部品でしたら、カットサンプルもわかりやすいですよね。

私はなるべく一目で、「おっ、なんだ?」と思ってもらえるようなサンプルが良いと思っています。

 

« »