とよたイノベーションセンター

ものづくりのまち豊田市にある最も身近な支援機関

TEL.0565-47-1240


〒471-0023 愛知県豊田市挙母町2-1-1 ものづくり創造拠点 2階

問題解決講座が開講できないことが問題!?

~問題解決講座が開講できない問題を解決したい~
コーディネーター小笠原の挑戦!

2019年度から始まった、「問題解決力を身に着けるQC7つ道具講座」を担当しているコーディネーターの小笠原です。

昨年2020年度はコロナ禍ということもあり、講座の開催日程がずれるなど、様々な「問題」がありましたが、無事に2コース全8回を行う事が出来ました。

参加者の方からは「問題解決・QCの考え方が良く理解できた」とコメントを頂けるなど、ご好評を頂くことが出来ました。また、私はQCや問題解決という「やり方・手法」だけではなく、社内のコミュニケーションを豊かにしてく「あり方・考え方」についてもお伝えしているため、そちらも喜んで頂けて私も嬉しく思っております。

今年2021年度も開講予定ですので豊田市内の製造業の社員さん、特に若手の方に是非ご参加頂きたいと思っております。

今年は7月から開講予定ですのでご興味ありましたら当センターまでお電話等でご連絡くださいませ。

プログラミング体験講座 開講します!

~プログラミング知らなくても出来る!~
IoT体験講座の受講生募集中です。

(豊田市内製造業者向け)

IoTというとどうしても敷居が高いというイメージがあるのですが、とよたイノベーションセンターでは、プログラミング未経験だけどIoTをやってみたいという豊田市内製造業者向けの新セミナーを開講します。

あまり知られていないのですが、小学生向けプログラミング講座でよく使用されている
Scratchという仕組みを使うと簡単にIoT機器を自作することが可能です。

直感的にブロックを配置してプログラムを行うことのできる仕組みで、これから現場でIoT
の導入を検討しているかたの手助けになればと思っています。
まずは興味があったらぜひ参加ください。

*定員に達し次第、終了となります

詳しくはこちら

https://www.toyota-innov.aichi.jp/eventinfo/event20210520/

オンラインセミナー『事業再構築戦略オンラインセミナー』 募集中!

       ~事業再構築補助金対応セミナー~

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するためには、これまでの事業を抜本的に見直し、思い切った事業再構築を図っていかなければなりません。今回、注目の補助金活用のポイントから経営戦略の立て方、事業再構築を実現させるための人材戦術について解説します。

■コロナ禍がもたらしたビジネス環境の変化
■自社の強みを生かした経営戦略の具体的検討方法
■DXを活用したビジネス展開の可能性
■戦略を実現するために必要な人材像の明確化
■人材確保の具体的方策(採用・育成方法)
■注目の「事業再構築補助金」活用のポイント

この機会に受講いただきたく、ご案内します。

【セミナー内容】

第1部 14:00~14:40
◆ポストコロナ・ウィズコロナの経営戦略
 ・株式会社タナベ経営

第2部 14:00~15:10
◆経営戦略を実現するための人材戦術
 ・愛知県プロフェッショナル人材戦略拠点

第3部 15:10~15:30
◆事業再構築補助金の概要と活用のポイント
 ・とよたイノベーションセンター

【日時】令和3年4月23日(金) 14:00~15:30 

【会場】ZOOMによるオンライン開催

【定員】80名(先着順)

※詳細は下記をご覧ください。

公募開始!『ものづくり補助金』6次締切

令和元年度補正
「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の6次締切の公募が開始されました。

応募締切日 :5月13日(木) 17時(電子申請)
採択発表  :6月末(予定)

本年度は、『低感染リスク型ビジネス枠』(令和2年度第3次補正予算)として予算2,300億円が上乗せされ、可能性が広がった補助金となっております。

【一般型】
補助金額:100~1,000万円
補助率:中小企業 1/2
    小規模企業者・小規模事業者 2/3    
    低感染リスク型ビジネス枠 2/3

【グローバル展開型】
補助金額:1,000~3,000万円
補助率:中小企業 1/2    
    小規模企業者・小規模事業者 2/3

★新特別枠(低感染リスク型ビジネス枠)

・物理的な対人接触を減じることに資する革新的な製品・サービスの開発
(例:AI・IoT等の技術を活用した遠隔操作や自動制御等の機能を有する製品開発(部品開発を含む)、オンラインビジネスへの転換等)

・物理的な対人接触を減じる製品・システムを導入した生産プロセス・サービス提供方法の改善
(例:ロボットシステムの導入によるプロセス改善、複数の店舗や施設に遠隔でサービスを提供するオペレーションセンターの構築等)

・ウィズコロナ、ポストコロナに対応したビジネスモデルへの抜本的な転換に係る設備・システム投資
(キャッシュレス端末や自動精算機、空調設備、検温機器など、ビジネスモデルの転換に対して大きな寄与が見込まれない機器の購入は、原則として、補助対象経費になりません)

つきましては、下記のテーマ、日程で「ものづくり補助金セミナー」を オンライン(zoom利用)で  開催します。

『ものづくり補助金』の概要をわかりやすく説明し、採択される申請書の書き方など、重要なポイントを解説します。
ご参加をお待ちしております。

◆テーマ 「採択されるものづくり補助金の事業計画・申請書のポイント」

日時   令和3年4月13日(火) 13:30~15:00(接続開始時間:13:00)
詳細、申込書は下記URLをご覧下さい。

とよたイノベーションセンターでは、当該補助金の申請書作成支援も行っていますのでお気軽にご相談ください

お申込みはこちらから

オンライン併用セミナー『DXセミナー』 募集中!

       ~自社で取り組むIoT・DXって?~

コロナ禍以降、各種メディアで「DX」という言葉が取り上げられ、様々な情報が発信されています。しかしそれらは、抽象的な概念の説明やITツールの紹介・導入事例であることが多く、「IT・IoTとは何が違うのか?」「DX化で何が実現できるのか?」と疑問に感じている事業者の方も多いのではないでしょうか。

今回のセミナーでは、豊田市のDX推進事業の概要説明やデジタル化に活用できる補助金、中小機構からの情報提供等とともに、DX化に取り組んだ成功事例を具体的にご紹介します。製造業の皆様にとって、大きなメリットのある内容です。

IoTでカイゼンできる人材を育てたい
IoT機器を使える人材はいないが、まずは使ってみたい
業務・生産管理システムを導入したい

この機会に受講いただきたく、ご案内します。

【セミナー内容】

◆とよたイノベーションセンター
 ・豊田市DX推進事業の概要

◆豊田市役所産業部産業労働課
 ・豊田市デジタル化支援補助金の紹介

◆(独)中小企業基盤整備機構中部本部 チーフアドバイザー 榊原 郁夫 氏
 ・発注仕様書となる要件定義書の作成を支援する
  「戦略的CIO育成支援事業」の紹介

◆(株)スギヤス西尾工場 工場長 山崎 晶洋 氏
 ・製造業が取り組んだ成功事例の紹介

【日時】令和3年5月14日(金) 14:00~16:00 接続開始 13:30~

【会場】ものづくり創造拠点SENTAN
    ZOOMによるオンライン同時開催します   

【対象】豊田市内の中小企業

【受講料】無料  

【定員】20名

【申込締切】令和3年5月7日(金)

※詳細は下記をご覧ください。

PDFをダウンロードして申込書を送付、または下記から入力フォームでお申込み可能です。

入力フォームでお申込みはこちらから

IoT体験講座 募集中!

        誰でも簡単! IoTを即実践!
       ~DXに取り組む企業を大募集~

コロナ禍以降、各種メディアで「DX」という言葉が取り上げられ、様々な情報が発信されています。しかしそれらは、抽象的な概念の説明やITツールの紹介・導入事例であることが多く、「IT・IoTとは何が違うのか?」「DX化で何が実現できるのか?」と疑問に感じている事業者の方も多いのではないでしょうか。

今回の講座では、まさに『IoTを即実践!』していただけるよう、ブロックを使った簡単なプログラミング方法(スクラッチ)と市販のIoT機器を使って体験して頂きます。また、PC・IoT機器は当センターで準備し、一人1台の実機を操作します。DX推進を検討されている製造業の皆様にとって、一歩前進する機会となる内容です。

【受講特典】
ご希望に応じて貴社のIoT導入に向け、個別相談を承ります。
トライアルをお考えの企業には機器(貸出)取り付け・データ取りまで支援します

この機会に受講いただきたく、ご案内します。

【セミナー内容】

◆ブロックの組合せでの簡単なプログラミング方法(スクラッチ)とIoT機器(M5スティックC)を使用します

◆一人1台の実機を操作します(PC・IoT機器は当センターで準備します)

【日時】令和3年5月20日(木) 13:00~17:00 

【講師】愛知工業大学工学部 電気学科 教授 道木加絵 氏 

【会場】ものづくり創造拠点SENTAN    

【対象】豊田市内の中小企業
    国が提唱するDX推進について『何から着手したらよいか?』、
    これから検討する事業者、又は製造セクションの職場リーダーの方   

【受講料】無料  

【定員】10人

【申込締切】令和3年5月14日(金)

※詳細は下記をご覧ください。

PDFをダウンロードして申込書を送付、または下記から入力フォームでお申込み可能です

入力フォームでお申込みはこちらから

オンライン併用セミナー『新型コロナに使える支援策』 募集中!

      ~新型コロナ感染症に打ち勝つ!~
     融資・補助金・助成金・給付金等早わかり

新型コロナ感染症への緊急経済対策として、大幅な売上減少により厳しい状況に置かれた事業者を対象に、国・自治体などでは様々な融資・補助金・助成金等の制度が設けられています。

今回のセミナーではこうした状況を踏まえ、現在実施されている新型コロナ対応に向けた各種支援制度についてご紹介したいと思います。事業者様にとって非常に大きなメリットのある制度です。この機会にご活用いただきたく、ご案内いたします。

【セミナー内容】

◆とよたイノベーションセンター 14:00~14:30
   ・事業再構築補助金、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金 他

◆株式会社リコー 14:35~15:05
   ・IT補助金

◆豊田商工会議所 中小企業相談所 15:10~15:25
   ・融資、助成金、給付金、他

◆豊田市役所 産業労働課、次世代産業課 15:30~16:00
   ・豊田市中小企業等雇用調整助成金、テレワーク導入支援補助金、
    事業者向け助成金申請支援事業、デジタル化支援補助金 他  

【日時】令和3年5月11日(火) 14:00~16:00 接続開始時間13:30~

【会場】ものづくり創造拠点SENTANまたはオンライン
    ZOOMでオンライン同時開催します。

【対象】豊田市内の中小企業

【受講料】無料  

※詳細は下記をご覧ください。

PDFをダウンロードして申込書を送付、または下記から入力フォームでお申込み可能です

入力フォームでお申込みはこちらから

オンラインセミナー『製造業向け補助金セミナー』 募集開始!

第6次締切〈令和3年5月13日〉  第7次締切〈令和3年8月頃〉

    ~設備投資支援の「ものづくり補助金」~
     公募要領と事業計画作成のポイント 

製造業が持続的に発展するためには、的確な設備投資が欠かせません。その設備投資のために最も利用しやすい補助金が「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」通称:ものづくり補助金です。

本セミナーでは、『ものづくり補助金』の概要をわかりやすく説明し、採択される申請書の書き方など、重要なポイントを押さえてわかりやすく解説します。

【補助事業の目的】 設備投資等を支援
【補助金額】    100万円から1,000万円
【補助率】     中小企業1/2
          小規模企業2/3
          低感染リスク型ビジネス枠2/3

申請についてお困りの企業様は是非、本セミナーにお申込みください。
 ◆設備投資をしたいけれど、経費をかけられない
 ◆新しいシステムを導入して、生産性を向上せさたい
 ◆コロナ禍の厳しい状況のなかでも、事業を発展させるため新しいチャレンジをしたい
 ◆その他、申請内容の相談

【セミナー内容】

  1. 電子申請について
  2. 過去の採択傾向
  3. 採択される申請書のポイント
  4. 個別相談会(個別に支援内容の相談など承ります)

【日時】令和3年4月13日(火) 13:30~15:00 接続開始時間 13:00~

【会場】ZOOMによる、オンライン開催

【講師】とよたイノベーションセンター コーディネーター 山方 博文(中小企業診断士)

【受講料】無料

【申込締切】令和3年4月9日(金)

※詳細は下記PDFファイルをご覧ください。

参加希望の方は下記PDFファイルをダウンロードし、申込書を送付してください。

自社技術を高める専門的知識!『画像処理の技術講座』開講しました

3月18日・25日 2日間にわたって、ロボット・画像処理・AIの技術講座を開講しました。

豊田市内製造業の生産技術者向けスキルアッププログラム「画像処理の技術講座」を開講しています。本講座は機械・装置に関係する生産技術担当者の方を対象に、将来ロボットやAIを取り入れ自動化していく際に重要な眼となるUSBカメラを使って、画像処理の基礎的な知識を習得するための講座です。

一人1台の実習用キットを操作し、より実践的な講座となっております。講座の内容は、基礎とは言え専門的な内容も多く高度な内容となっていますが、講師である愛知工業大学工学部電気科の道木教授に分かりやすく指導していただき、実習はスムーズに進んでいます。

愛知工業大学工学部電気工学科 
教授 道木加絵氏 講義風景
受講者 1人1台の実機操作 実習時間

道木教授によると、「画像認識自体は身近な技術ではあるがディープラーニングによる照合データはビッグデータであり、生成するには未だ手間暇がかかる」とのこと。

とよたイノベーションセンターでは、地域の小規模事業所でも検査工程の自動化など生産性が向上し、技術の裾野が広がることを願って皆様の参加をお待ちしています。

追加情報!『事業再構築補助金』

「事業再構築補助金」について経済産業省から「事業再構築指針の手引き」が発表されました(以下URLをご覧ください)。

https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/pdf/shishin_tebiki.pdf

事業再構築の定義として以下の5類例の詳細が記載されています。

1)新分野展開

2)事業転換

3)業種転換

4)業態転換

5)事業再編

申請を考えている方は、申請事業がこの5類例のいずれかにあてはまるかどうかを確認しておく必要があります。

とよたイノベーションセンターでは、当該補助金の申請書作成支援も行っていますのでお気軽にご相談ください。