とよたイノベーションセンター

ものづくりのまち豊田市にある最も身近な支援機関

TEL.0565-47-1240


〒471-0023 愛知県豊田市挙母町2-1-1 ものづくり創造拠点 2階

自社技術を高める専門的知識!『画像処理の技術講座』開講しました

3月18日・25日 2日間にわたって、ロボット・画像処理・AIの技術講座を開講しました。

豊田市内製造業の生産技術者向けスキルアッププログラム「画像処理の技術講座」を開講しています。本講座は機械・装置に関係する生産技術担当者の方を対象に、将来ロボットやAIを取り入れ自動化していく際に重要な眼となるUSBカメラを使って、画像処理の基礎的な知識を習得するための講座です。

一人1台の実習用キットを操作し、より実践的な講座となっております。講座の内容は、基礎とは言え専門的な内容も多く高度な内容となっていますが、講師である愛知工業大学工学部電気科の道木教授に分かりやすく指導していただき、実習はスムーズに進んでいます。

愛知工業大学工学部電気工学科 
教授 道木加絵氏 講義風景
受講者 1人1台の実機操作 実習時間

道木教授によると、「画像認識自体は身近な技術ではあるがディープラーニングによる照合データはビッグデータであり、生成するには未だ手間暇がかかる」とのこと。

とよたイノベーションセンターでは、地域の小規模事業所でも検査工程の自動化など生産性が向上し、技術の裾野が広がることを願って皆様の参加をお待ちしています。

変革を勝機に!『とよたビジネスフェア』開催中!

3月11日・12日 2日間にわたって、ビジネスフェアがスカイホール豊田で開催されています。

愛知県内の多くのフェア展示会がコロナにより中止やオンライン化を余儀なくされていますが、感染症対策をしっかり講じて、本日と明日の2日間、変革を勝機に!を合言葉にとよたビジネスフェアがスカイホール豊田で開催されています。

人は粗でも仕事は密に

とよたイノベーションセンターによく来所されているお馴染み企業さんも多く出展されていました。

変革とは当地では、消費行動や自動車構造の大きな変化を指しますが、それに合わせたビジネスモデルが構築できるかどの企業さんもPRは様々でも話題は同じ、

「産学連携やビジネスマッチングはそれがゴールでなく目的を見失わないように…」

と中部大学科学技術コーデネータ太田先生から金言頂きました!

DXへの第一歩!製造業のIT化

コーディネーターの花野です。令和2年12月からとよたイノベーションセンターのコーディネーターとして活動を始めました。皆様、よろしくお願いします。

豊田市のものづくり企業を支援するとよたイノベーションセンターでは、市内製造業者向けに中小企業診断士の細谷宏先生を講師に招き、DXへの第一歩!製造業のためのITツール活用セミナーを開催いたしました。

          中小企業診断士 細谷 宏 講師 による、
            「IT活用で経営力を強化」

       ・製造現場の可視化による業務効率化
       ・生産管理による生産コスト削減
       ・顧客情報管理、共有による販売活動の効率化
       ・自動的な勤怠管理による事務コスト削減

コロナ禍という状況を踏まえ、感染防止対策を十分に講じた上で、オンラインとオフラインの併用による開催としたところ、参加者の9割オンラインで参加という結果でした。

セミナーは、IT化の成功事例を交え、IT化の重要性とビジネスモデルイノベ―ションの必要性をわかりやすく講義いただきました。ITによる効率化とビジネスイノベーションの融合は、今日的なテーマであり重要なのはわかるけど何をしたら良いのかわからないとお困りの方は、是非とよたイノベーションセンターにご相談ください。皆様のお困りごとを解決すべくご協力させていただきます。

また、とよたイノベーションセンターでは、さまざまな支援・セミナーを実施しております。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

https://www.toyota-innov.aichi.jp/

とよたイノベーションセンターでは豊富な事例を交え理論を実践に変える支援の提供と、学びたいテーマも随時受けつけています。お気軽にご相談ください。